音楽は、ある特定の雰囲気を生み出すために使われることが多いです。例えばカジノでは、ギャンブラーたちにより長く滞在したいと思わせるムードを保つために音楽が使われています。プレイヤーたちにもっとギャンブルをさせたり、快適に過ごしてもらったりするために、カジノでは特定のジャンルの音楽が流されているのです。

ポピュラーミュージックの様式が大きく変わった現在でも、カジノではサウンドトラックやライブバンドなど、様々なジャンルの音楽が使用されています。実店舗カジノもオンラインカジノも、望ましい結果を生み出すためには、音楽に大きく依存する必要があるというわけです。

スローテンポの音楽

古き良き1950〜60年代のラスベガスを彷彿させる、最も人気の音楽ジャンルといえば、ラウンジミュージックです。実店舗カジノでは、ラウンジミュージックは現在でもかなり人気です。この種の音楽は気楽に聴け、さらに穏やかなトーンがギャンブラーたちにとって魅力となっており、静かなBGMとしてぴったりなのです。つまり、プレイヤーたちの集中を妨げることなく、より多く、より上手くプレイするよう促してくれます。現在、カジノでは昼間のリラックスした雰囲気づくりに、ラウンジミュージックがよく使用されています。その他にも、ブルースやジャズ、メロディアスなピアノ曲などが、スローテンポの音楽の人気ジャンルとなっています。

オンラインカジノの音楽

実店舗カジノでは、すべてのプレイヤーがその場に流れる同じ音楽を聴くことになるため、特定のゲームのための選曲はできませんが、一方、オンラインカジノでは、選ぶゲームごとに異なる音楽が使用されており、ジャンルもアップテンポの音楽からスローテンポの音楽まで、遊ぶゲームによって様々に異なります。ゲームと音楽はすべてぴったりマッチしています。というのも、ゲームと合わない音楽がBGMとして流れると、雰囲気が台無しになって、プレイヤーが楽しめなくなってしまうからです。

アップテンポの音楽

昼間は、スローテンポの音楽が流されていますが、夜に需要があるのはパーティーのような雰囲気の曲です。そのため、夜のカジノでは、アップビートのより早いテンポの曲が流されることが多いです。エネルギーと祝祭的なサウンドに満ちたアップビートの音楽は、フロアにエキサイティングな雰囲気を生み出し、プレイヤーたちをよりエネルギッシュにしてくれます。

ある研究によると、より激しい音楽を聴くと、人々の行動が変化するそうです。これはつまり、過剰な刺激に反応して、より軽率でリスクの高い決断をしてしまいがちになるということです。この目的のためにカジノが使う音楽のジャンルは、主にテクノや電子音楽です。中には、スペース・エイジ・ポップやロックンロールを流すカジノもあるそうです。

ライブミュージック

実店舗カジノでは、外を行き交う人々を店内に引き込むために、ライブミュージックがよく使われます。チャンスさえあれば、カジノは知名度と人気の高いバンドやミュージシャンを起用します。そのバンドを目当てに来店したゲストが、ゲームでもお金を使ってくれるからです。

カジノでは一般的に、スローテンポとアップビート両方のライブミュージックが人気ですが、音楽のチョイスは、カジノが望む雰囲気や客層によって変わってきます。ライブミュージックで人気のジャンルは、ジャズ、ロックンロール、ブルース、そして大音量のロックミュージックなどです。また、よりアップビートの音楽がゲストに好まれるカジノでは、DJミュージックの人気も高いようですね。